ボックス副作用が知りたい【症状を確認しよう】

副作用は殆どはありません

ナース

シワを改善したり、小顔になる為美容クリニックで、ボトックス注射を受ける女性が急増しています。万が一赤みや痛みといったボトックス副作用が出た場合、なるだけ早めに施術を受けた美容クリニックへ、相談するようにしましょう。

Read More

筋肉に作用し効果抜群

カウンセリング

手軽な施術で大変人気となっているボトックス注射ですが、副作用が出てしまう場合があります。表情が出しにくい、瞼を動かしにくいなど症状が出た際は、まずはドクターに相談する様にしましょう。

Read More

表情じわも改善出来る

顔を触る人

気になる症状はすぐに相談

女性の多くは、美を保とうと様々な方法を行なっている人も多いでしょう。そんな中、整形施術も人気の一つとなっています。若返り効果や小顔効果を期待出来るボトックス注射ですが、施術を受ける上で一番気になるのがボトックスによる副作用ですよね。ボトックス注射を受けたいけれど、副作用が気になるためなかなか実行に移せないという人もいるのではないでしょうか。ボトックス注射はメスを使用せずに肌にボトックスを注入することで筋肉の動きを鈍らせ細くすることが可能です。筋肉が細くなることで筋肉の発達で大きく見えていた顔を小さく見せたり、目尻や眉間のしわも改善したりすることが出来るでしょう。そんなボトックス注射ですが、やはりどんな施術であっても副作用はゼロではありません。このボトックス注射も、副作用が出てしまう場合もあるので、施術を受ける際はきちんとその副作用についても知っておくことが大切です。では実際にどの様な副作用が出てしまうのでしょうか。まず頭痛が挙げられます。しわ改善の為にボトックス注射を受けたけれど頭痛がしてしまうという人が中にはいます。これはしわ改善の為に注入したボボトックスの影響により、筋肉のバランスが崩れてしまい頭が痛くなっている状態です。ただし、この頭痛は一時的なものであり、ずっと続く訳でありません。その他には表情が無くなるという副作用もあります。これはボトックスの効果が強く筋肉に作用しすぎてしまった場合に出てきてしまう副作用です。笑った時などに筋肉が動きにくくなりすぎてしまい上手く表情が作れなくなってしまう場合もあるでしょう。この副作用もずっと続く訳ではなく、1〜2週間程度で徐々に改善されていきます。ボトックス注射を受けた場合は副作用が出てしまう場合もあるでしょう。しかし、ほとんどの場合一時的なものであり、徐々に改善されることが多くなっているでしょう。ボトックス注射は注入することで永遠にその効果が続くという訳ではありません。エラやふくらはぎなど比較的効果が長く残る場所もありますが、表情じわなどの改善の為にボトックス注射をした際などは3ヶ月から4ヶ月程度持続した後に徐々に効果が無くなっていきます。その為、副作用もその効果の薄れと共に弱まる傾向にありますが、やはり気になる場合は一度クリニックで相談することをおすすめします。せっかくしわ改善などの為に施術を受けても副作用が気になる様では意味がありません。しっかりその効果を実感し、自分に自信を持つ為にも、気になる症状があればまずはドクターに相談することが大切です。

美容整形で気を付けること

医師

ボトックスの施術を受ける場合、医師の経験不足によりボトックス副作用が出ることがあります。時間が経てばボトックス効果が消えることに元に戻りますが、それまでの間に生活に問題が発生することが有りますので、よい医師を選ぶ必要が有ります。

Read More

今話題のアンチエイジング

注射

極稀に、ボトックスの副作用が出る方もいらっしゃいます。ボトックスの副作用とは頭痛、注射した部位の赤みや腫れ等です。3か月から4か月程度で効果が薄れてきます。それに伴い、ボトックスの副作用も自然に解消していくのが一般的です。

Read More

Top