ボックス副作用が知りたい【症状を確認しよう】

筋肉に作用し効果抜群

カウンセリング

こんな症状はドクターに

プチ整形と呼ばれるメスを使用しない施術が大変注目されています。メスを使用しない分、施術時間が少なく、簡単な施術で大きな変化を期待することが出来るので大変おすすめです。そんなプチ整形の中にボツリヌス菌を利用したボトックス注射があります。このボトックスが筋肉に作用することで筋肉の動きを弱め痩せさせる効果があります。その為、ボトックス注射をした部分の筋肉を小さくすることが出来、小顔効果や筋肉が動くことで出来る表情じわの改善に効果を発揮してくれるでしょう。そんなボトックス注射ですが、人によっては副作用が出てしまう場合もあります。きちんとどの様な副作用があるのか知っておくことで、実際に出てしまった際に慌てなくて済むのでしっかり覚えておきましょう。まず、眼瞼下垂があります。これはおでこなどに注入した際にその効果が強く出過ぎてしまうと出てしまう場合があるでしょう。眼瞼下垂の症状が出ると目が開けにくくなったり眉毛を動かしにくくなってしまったりする場合がありますが、1〜2週間程度で副作用も薄れてきます。その他には表情が不自然になる副作用があるでしょう。これはボトックス注射の注入量が多すぎることで出てしまう副作用です。表情筋の動きを抑制するボトックスの効果が強すぎることで、必要以上に筋肉に作用してしまい結果として表情を上手く作ることが出来なくなってしまう現象です。また、腫れや内出血が起きてしまう場合もありますが、範囲も狭くそれ程目立つものではありません。この様に副作用がいくつか報告されていますが、ほとんどの場合ボトックスの効果が薄れると共に症状も改善に向かうことが多くなっています。簡単な施術で見た目を変化させることが出来るボトックス注射は美容整形の中でも大変注目されています。今ではしわ改善だけではなく、ふくらはぎを細くする目的やワキガ治療など様々な部位に用いられているでしょう。ボトックス注射は安全性が高い施術ではありますが、副作用が絶対無い訳ではありません。それ程強い副作用でなければ数日で落ち着く場合もありますが、気になる症状が出てきた際はドクターに相談する必要があります。ボトックス注射を打つことで、笑った時にくっきりと目尻に浮き出る表情じわなど改善することが出来るので、実年齢よりも若く見せることが可能になるでしょう。特に女性は年齢を気にする人が大変多く、見た目を変えるだけでも自分に自信を持つことが出来るかもしれません。ぜひそんな若返り効果を実感したい方はボトックス注射を受けてみましょう。

Top