ボックス副作用が知りたい【症状を確認しよう】

副作用は殆どはありません

ナース

アフターケアも充実

美容クリニックで、ボトックス注射を受ける女性が年々増える傾向にあります。ボトックスとはA型ボツリヌス毒素を有効成分としている、骨格筋弛緩剤の事に他なりません。ボトックスを目尻や眉間やエラといった、気になる部位へ注入し症状の改善を目指すという治療法です。ボトックスは、筋肉を支配する神経に取り込まれます。その神経が麻痺する為、筋肉が弛緩し始めシワやたるみ、エラが目立たなくなるようになるのです。ここ数年来、空前の小顔ブームが到来しています。ワイドショーやインターネットニュース、SNS等でも小顔の女性が頻繁に登場しているのは周知の事実です。顔が大きいと見られる事に対し、嫌悪感を抱いている女性も少なくありません。顔が大きいように見られる理由の一つが、エラにあります。エラそのものが張り出す事によって、輪郭がホームベース型に近くなってしまうのです。卵型(円形)の輪郭に近づくにつれ、小顔に見られがちです。輪郭はシワのように、ファンデーションで誤魔化す事が出来ません。根本から解決すべく、ボトックス注射を受けているのです。注射後はエラの筋肉(咬筋)が、次第に痩せ張りが抑えられます。その結果、念願の小顔になれる確率が、極めて高くなるのです。体質の違いはあるもののボトックスの効果は、凡そ3〜4か月程度持続し続けます。ですから年に3〜4回は、美容クリニック等でボトックス注射を、受けなければなりません。エラ削りといった、本格的な外科手術を受ける事も可能です。ですがその場合、手術に相当な費用が掛かってしまいます。体への負担を軽減させる為にも、一定期間は入院生活を送らなければなりません。仕事や家事、育児にも支障が出る恐れがありますので、注意が必要です。ボトックス注射は、プチ整形に分類されています。日帰りでの施術も可能ですし、1回の費用が凡そ1万円から2万円台で抑えられる点も、魅力的だと言えるでしょう。極一部に限られるものの注射を受けた後、ボトックス副作用が出たと感じる方がいらっしゃいます。ボトックス副作用とは、注射した部位に赤みや痛みが出てしまうものです。ボトックスの効果は、数か月程度しか持続する事がありません。従って効果が薄れるにつれ、ボトックス副作用もなくなると考えられているのです。ボトックス副作用が気になる場合、施術を受けた美容クリニックへご相談下さい。アフターケアが充実している美容クリニックでは、ボトックス副作用が出た患者の為迅速に対応して下さいます。

Top