ボックス副作用が知りたい【症状を確認しよう】

美容整形で気を付けること

医師

失敗しないクリニック

女性にとって小顔や皺の無い肌を手に入れることは、願望の一つになります。美容整形で、ボトックス注入により顔のエラを小さくしたり、皺を無くしたりと、比較的簡単に行うことが出来るようになりました。ボトックスは、施術も数分で行うことができ、副作用も少ないことから人気のプチ整形になっています。気を付けることは、ボトックス副作用が少ないのであって、まったく無い訳ではありません。ボトックスとは、筋肉を弛緩させる効果があり、例えばエラを小さくしたい場合、エラの部分にボトックスを注入することにより、顎の筋肉を弛緩させて小顔にします。つまり、ボトックスを注入する場所や量を間違えると、ボトックス副作用によりバランスの崩れた顔になります。逆に言えば、注入する場所や量を間違えなければ、成功する可能性が高いです。顔の表情は、一人一人違っていて、顔の筋肉の付き方や皮膚の状態など各自に個性があります。解剖学に精通していて、更に患者一人一人の特徴を見極める必要があります。非常に技術と経験が必要になる施術となります。ボトックス副作用の例としては、誤った場所にボトックスを注入すると、顔の表情を作る筋肉が弛緩してしまい、顔の表情を上手く作ることが出来なくなります。そのため、笑っても表情の無い顔になったり、バランスの崩れた笑い顔になってしまったりします。更にボトックス副作用として、口の締りが悪くなり飲み物を飲んだ時に口から毀れてしまったり、ストローで上手く飲めなくなってしまったりもします。ボトックスの注入を失敗すると、元の状態に戻すことは非常に難しいです。顔全体の表情を考慮しながら、ボトックスを再度注入する必要が有ります。元の顔に近づけることは出来ても、元に戻せない可能性があります。ボトックスによる効果は、半年ほどありますので、半年後に自然と元に戻る可能性はあります。ボトックス副作用を防ぐためにも、経験豊富で技術力の有る医師の元で注入を行なう必要が有ります。まずは、施術を行う前のカウンセリングで、よい医師を見分ける必要が有ります。カウンセリングを行うカウンセラーと、施術を行う医師が同一人で有ることは重要です。カウンセリング時に、悩みや希望に対して施術方法を具体的に説明してくれて、リスクの有ることに対してもリスクを説明してくれることも大切なポイントになります。また、使用する薬剤の名称に付いても確認をする必要があります。ボトックスと一言に言っても、製品によって品質の差があります。費用の明細まで、丁寧に説明をしてくれる医師を選ぶ必要が有ります。

Top