ボックス副作用が知りたい【症状を確認しよう】

今話題のアンチエイジング

注射

プチ整形の1つ

女優やモデル、セレブの間で話題となっているアンチエイジングケアの1つが、ボトックス注射です。美を徹底的に追及し続けている女性にとって、何より避けたいものといえば「老化現象」に他なりません。老化現象が、特に顕著に現れる部位こそが「顔」です。目尻や眉間にシワが目立つようになると、どうしても老けた印象を与えてしまいます。それを避ける為、ボトックス注射を受けているのです。最近では、空前とも呼べる小顔ブームが到来しています。ボトックス注射を受け、憧れの小顔を手に入れている方もいらっしゃるのです。顔が小さく見えるだけで、男性からチヤホヤされる傾向にあります。小顔に見せようと、陰で懸命にケアを行っている女性も少なくありません。ところが懸命にセルフケアを行ってみても、余り効果を実感出来ないというのが実情です。顔が大きく見えてしまう主な理由は、エラが張り出している点にあります。エラが張り出す事で、輪郭が四角い形になってしまうのです。小顔の女性は、輪郭が卵型(丸形)であると言っても過言ではありません。顔が大きく見えてしまう、根本の原因に向き合わない限り、小顔を手に入れるのは困難であると言えるでしょう。そもそもボトックス注射とは、ボツリヌス菌が生成したたんぱく質の一種を、気になる部位へ注入するというアンチエイジングケアです。ボトックスは、神経の伝達そのものを阻害します。その結果筋肉が麻痺し、弛緩する事によってシワが解消しエラが目立たなくなるのです。ボトックス注射は、プチ整形の1つにカテゴライズされています。日帰りで施術が受けられますし、外科的な手術に比べると料金を抑えられる点が魅力的です。ボトックスの副作用を、気にしている女性の方がいらっしゃるかもしれません。ボトックスの副作用として考えられるのは、注射した部位に出る赤みや痛み、頭痛です。ですが大抵の場合、ボトックスの副作用は短期間で治まるものだと考えられています。ボトックスの効果が持続するのは、3か月から4か月程度です。効果を実感し続ける為には年に3〜4回、施術を受けなければなりません。従って3か月から4か月が経過すると、自然にボトックスの副作用も消えていく可能性が、極めて高いのです。ボトックスの副作用が気になり仕事、家事や育児が手に付かなくなった場合は、施術を受けた美容クリニックへご相談下さい。全国展開しているような、大手美容クリニックはアフターケアが充実しています。ボトックスの副作用が出た場合、迅速に対応して下さるに違いありません。

Top